プロフィール (Shuってどんな人?)

Shuのプロフィール

1998年生まれ 関西在住の大学1年生(19)です。

現在は、学生団体代表・大学自治会委員長・農業系会社の新規事業担当インターン生をやっています。

猫4匹飼ってたり、映画を年間150本観たり、あと絶対音感持ちです。

ブログを始めたきっかけ

テクノロジーの進化によって、時代が目まぐるしく変化しています。

経済のありかたも例外はありません。信頼の積み重ねが大切になってくる評価経済へ移り変わっていくというやつですね。

僕自身、この考え方がめちゃくちゃ好きです。自分がいつでも生産者側に回って価値提供できるってかっこいいなと!

そしてきっかけになったのはこの出来事です。

今これを2018年2月21日に書いているのですが、つい先日最強のブランド人サラリーマンである田端信太郎さんがLINEを辞職されました。

普通なら所属していた会社を辞めるってマイナスイメージを持たれがちですし、評価は下がってしまいます。

でも周りの反応は違って、「次はこの人何するんだろうか!?」というワクワクが巻き起こっていました。そして、彼のタイムバンクも急上昇!※タイムバンクとは、自分の一秒を売買できるサービスです。ご興味持たれた方は詳しく調べてみてください。

このとき僕は、「これから生きるうえで、セルフブランディングの考え方は大切だなぁ」と思ったわけです。

そして、まずは自分が発信できるプラットフォームを持とうと考え、ブログ「合理的ロマン主義」を立ち上げました。(なぜこのネーミングなのかは、また別の機会に…!)

中学時代

僕は中学は中高一貫の(自称?)進学校でした。中学受験をして入ったわけですね。

受験勉強の反動と、学校での強制的な勉強に反発し、ゲームやりまくってました笑

ちょうど僕が中学一年生の時、コールオブデューティーMW3というゲームが発売されました。FPSっていうジャンルで「一人称視点で銃を撃ち合う戦争ゲーム」って感じのゲームです。

当時はそれはもうのめりこんでいましたね笑 何しろ対人ゲーム(敵も人間が動かしているゲーム)だったので腕が上がれば上がるほど楽しいわけです。

大人と一緒にチームを組んで大会に出たりもしてましたねー。懐かしい。

今思えば、そのゲームで「いかに自分がやられずに相手を倒すかという戦略思考のかけら」みたいなものを学んだ気がしますが、ずっとテレビ占領してたので親には申し訳ないことしたなぁと反省してます。

中学二年生の時、まだ爆発的ヒットの手前くらいだったMinecraftに出会います。

あのときの衝撃は今でも覚えてますね。こんなにもクリエイティビティで遊び方の幅がいくらでも思いつくゲームがあるのか!と感動しました。

当時ニコニコ動画が全盛期くらいだったのもあり、ニコニコ生放送で配信をしているMinecraftプレイヤーと絡んだりして、気が付いたらチーム組んで映像制作してました。

このときにエンターテインメントのオモシロさを実感しました。人生で初めて生産者側に回った瞬間でしたね。どうやったら人がもっとオモシロいと感じるものを創れるかに情熱を注いでいました。

担当していたのは主にMinecraftでの建築・音関係・競合分析でした。絶対音感持ちだっていう理由で音響制作やったり編曲やったりしてましたねー。競合分析だなんて今でこそカッコよく言えますが、当時はYoutubeでほかの作品観て何がどう面白いから再生回数に繋がっているのかをまとめてただけです笑

中学三年生では、別のクリエイターチームからスカウトを受けたので移籍しました。

20歳未満が僕(15)だけという環境でしたが、思い切って飛び込んでみました。

担当は、ゲームプレイングと音響制作を買われてスカウトされたので、主にその二つでした。

前のチームは学生で構成されていましたが、新しいチームは大人で構成されていたので、求められるレベルが格段に上がりました。それが今ではいい経験になったなぁと書きながらしんみり思ってます。

高校時代

中高一貫校をやめて、地元の公立中学校へ転校しました。

高校一年生でも、変わらずクリエイターチームで活動してました。段々と任されるレベルが上がってきて気が付いたらチームのNo.3になってました。

今思えば、このくらいのタイミングからマネジメントっていうものを経験してましたねー。

部活ですが、中学では部活をやっていなかったので、高校から吹奏楽部に入ってアルトサックスを始めました。

もともと幼少期にヴァイオリンやってた影響で絶対音感が付いたんですけど、サックスって移調楽器なんで聞こえる音と譜面の音が違うんですよね笑(わかるひとにはわかるやつ)

そんなこんなで楽しんでたんですけど、顧問が理不尽な人だったので1年ほどたったタイミングで辞めました。数学の自主補講受けるくらいなら練習しろとかいうんでね…。何が今一番大切なのかを追求した結果です笑

高校三年生では、受験に向けてクリエイターチームをお休みしてました。

でも創造欲求はおさまらなかったので、Minecraft続けてたり文化祭での演劇の音響制作とナレーションをガチったりして楽しんでました。

肝心の受験はどうだったかっていうと、うまくはいきませんでした。

もともと勉強嫌いだったんで仕方なかったですね。自分のスキルに直接つながりにくい分野だとなおさら。

でも、第一第二志望は2点3点足りずに落ちたので、「あ、これは第三志望にいく運命なんだな」って素直に受け入れれました。全く引きずっていません笑

受験終了後に一度クリエイターチームに復帰したのですが、これからは自分が新しく組織をつくりあげて何か起こしてやるんだ!と思っていたので卒業しました。

大学生活一年目

今、大学一年生の春休みのタイミングでこの記事を書いています。

このタイミングの話になりますが、僕はちょっと変わったことをしています。

  • 学生団体の代表
  • 大学学部自治会の委員長
  • 農業系会社の新規事業担当インターン生
  • ブログ運営

と、まぁ色々やっております。

学生団体の代表

代表なのは、僕が立ち上げたからです笑

2017年8月ごろに立ち上げましたねー。一緒にやるパートナーと話しているうちに気が付いたらできていたっていう感じです。

簡単に何をしているか説明すると、何かを実行に移そうとしている学生を実現までサポートする存在になるっていう活動をしています。

そんな中で、学生に最適な道を提示する必要があるので、自分たちの活動の中で輝ける環境を創ったり、社会人と学生の接点を創ったり、インターンの設計をしたり…。活動は色々ですね!オモシロいこと色々やってます。

学生団体として学生・企業に価値提供をし、それを通じて色々学んでいます。社会の構造だったりビジネスモデルの理解だったり、新規事業の立案だったり。

最終的には経済活動化させることを目標にしています。

大学学部自治会の委員長

入学前に大学の先輩たちと交流する機会があって、そのタイミングで自治会に興味を持ちました。それで、入学前から先輩たちと活動しているうちに気が付いたらメンバーになっていました。

あまり詳しくは書けないですが、いろいろな経験をさせてもらっています。中学高校の時の経験を買われて、大学一年生の9月のタイミングで委員長になりました。自治会メンバーには二年生三年生もいらっしゃいますが、みなさん僕をサポートしてくださります。頼れるメンバーです。

活動内容は、基本的に中高の生徒会のもうちょっと裁量ある版だと思ってもらえれば。予算やりくりして価値を最大化したり、学生全体がメリットを享受できるシステムを創ったりしてます。

さいごに(Twitterやってます!)

ここまでご覧いただいて、ありがとうございます。

簡単に僕の自己紹介というか経歴紹介というかをさせてもらいました。タイミングみて加筆したり修正したりして見やすく詳しく改善する予定です。

これから、どうぞよろしくお願いいたします。

▼Twitterやってます!コンテンツ発信もしているので、フォローお願いします!▼

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする